• Home
  • 劣化シグナル

塗装表面が紫外線・熱・水分・風等によって劣化し、チョークのような粉状となる現象です。

モルタル左官後、数年にわたり硬化反応が継続されますが、硬化中に窓廻りなど、弱い部分に収縮応力が集中して、ひび割れを引き起こします。

塗膜の機能が低下し、鉄表面が酸化することで錆が発生します。錆が進み「腐れ」が発生すると強度不足となり、取り替えが必要となります。

窓廻りや外壁の継目など、水が入らないように隙間を埋める目的で充填される材料ですが、劣化が進むと、躯体から肌別れし本来の目的である防水性が低下します。

常に直射日光や風雨にさらされている屋根は、建物の中で最も過酷な部分です。一般的に、表面の保護塗装は外壁塗膜より早く劣化します。長期的に放置しておくと塗装機能が低下し、瓦(基材)自体の劣化が進みます。

紫外線や雨の影響で仕上の表層が劣化し、次第に防水層が劣化していきます。また、寒暖の差によって防水層が伸縮し、亀裂を起こす場合もあります。